2020年5月29日 (金)

第33回「サラリーマン川柳」ベスト10が決定!

第33回サラリーマン川柳のベスト10が発表になりました ↓ ↓

769001

なんとベスト10の10句中4句が中8(5・7・5の真ん中の7が8音)の句となっています。
1位2位の句も中8です。
中8が絶対ダメだとは申しませんが、極力5・7・5の17音は守っていただきたいと思います。
川柳のルールはこの他にはないに等しいですから・・・
少し残念に思いました。

2020年5月12日 (火)

「ジビエ川柳アワード」募集中!

786001_20200513110801 私の所属している鳥取県川柳作家協会より、川柳募集の案内が来ました。
みなさま、ふるってご応募(投句)下さい。

**********

「ジビエ川柳アワード」募集 

ステイホームが合言葉の現在、少しでも自宅で特別な時間を過ごせるよう、全国から「ジビエ川柳」を募集します。

受賞者上位8名にジビエBBQセット等を贈呈いたします。

この企画はイベント出展などの活動に代わり、ジビエに対する一般の感心・興味・理解度などの調査と、全国に向けたとっとりジビエのPRとなることを目的として実施します。 

<応募規定>

・応募作品は、自作で未発表のもの

・応募は一人3点まで(ジビエに関するもの)

・入選作品の使用権(無償)は、ほうきのジビエ推進協議会に帰属するものとします。 

<応募期間・方法>

・ホームページより応募(締切り 2020年5月31日23:59まで)

ほうきのジビエ推進協議会ホームページ(https://houkinogibier.com/)より、右上の「問い合わせ」フォームから入り、必要事項を記入し、「内容」のはじめに「ジビエ川柳係」と、その下に「川柳(3句以内)」をお書き添え下さい。

郵送(葉書等)により応募(締切り 2020年5月31日、当日消印有効)

住所、氏名、電話番号、川柳(3句以内)をお書きの上、

〒689-2501 鳥取県東伯郡琴浦町赤碕1140-1 ほうきのジビエ推進協議会「ジビエ川柳」係宛 に送って下さい。 

<審査>

鳥取県川柳作家協会、ほうきのジビエ推進協議会で構成する審査委員会にて審査

入選作品の発表時期は未定 

<主催>

ほうきのジビエ推進協議会

〒689-2501 鳥取県東伯郡琴浦町赤碕1140-1

問合せメール houkinogibier@gmail.com

**********

(追記)
応募専用フォームが立ち上がっています。こちらからどうぞ!
https://houkinogibier.com/gibier-senryu/

チラシも出来上がっています。ご覧下さい。
786002_20200514221001

2020年5月 4日 (月)

若きころの小島蘭幸先生

797003
797004_20200504141301 先日、テレビで火曜サスペンス劇場の再放送があり、「安芸奥の細道殺人事件」を見ました。

主演は片平なぎささんで、これは昔見たことがあるような気が・・・していたら、なんと、若きころの小島蘭幸先生(現全日本川柳協会理事長)が出演されていました。

そうだったそうだったと調べたら、今から27年前に放送されたものでした。

自粛生活の中で、少し得をした気分になりました。
797001_20200504141201 797002_20200504141301
797010 797005_20200504141201

2020年5月 3日 (日)

41回目の結婚記念日

796002

5月3日、ステイホームの中で41回目の結婚記念日を迎えました。

新型コロナウイルスの終息を願いながら、家で二人だけのプチお祝い・・・

健康のことを考えて、これ(写真)ですw

どうしても「糖質」という文字に目が行ってしまいます。

さあ、来年の5月3日を目指して再スタートです!

今日の川柳1句
太ってもいいよと僕がボクに言う かずお

 

 

2020年4月22日 (水)

武良銀茶さん、快挙達成!

☆武良銀茶さん、快挙!☆

崎津公民館川柳教室の仲間でもある武良銀茶さんが、この1週間で日本海新聞主催の日本海文芸(詩、短歌、俳句、川柳)の4部門パーフェクト入選を達成されました。
おめでとうございます。

**********
★4月16日
日本海柳壇(選者 牧野芳光氏)

課題「置く」
後輩に一目を置くキー操作 銀茶

★4月19日
日本海詩壇(選者 手皮小四郎氏)

「語りぐさ」    銀茶
さらさら
こんこん
しんしんと
雪が降る
冬に

がさがさ
どかどか
ぼたぼたと
手のひらほどの
ボタン雪が降る
春に一尺も
おじいさんが降らせたと
みんなが言っていた
三月十六日は命日

★4月21日
日本海俳壇(選者 野田哲雄氏)

水田の逆さ大山春惜しむ 銀茶

★4月22日
日本海歌壇(選者 本間温子氏)

二メートル離れて孫の自慢からマスク不足に話題が移る 銀茶

2020年4月19日 (日)

町内を散歩

812001_20200421115801
今日は不要不急の外出を控えていましたが、思い立って夕方に町内を散歩しました。

約3000歩(笑)
ちょっと少ないですね。
散歩していると、あるお宅から三味線の練習をする音が・・・
いい趣味をお持ちですね。...
皆さんもご自宅でできる趣味を考えてみてはいかがでしょうか。
たとえば・・・川柳を詠む!これは頭の体操にもなりますし、いいですよ!!

2020年4月10日 (金)

「西伯耆の石ぶみを訪ねて」(森田尾山編)

824001

824002_20200410180601

先月末に出版されたばかりの標記の本は、短歌・俳句・川柳の石碑や歌碑等の文学碑を写真に収め、その下には作者の句やプロフィール等が紹介されています。
まだ、斜め読みしかしていない段階ですが、川柳関係では・・・

牛の目の中にヒンズー教がある 但見石花菜

そもそもの始めにぬくい飯茶碗  新家完司

が載っています。
この本に収めてある総数106基を、これからじっくりと1基1基鑑賞しようと思います。
楽しみ、楽しみ!

2020年4月 5日 (日)

新汰君の宮参り

834003

834002 今日(5日)は孫の新汰くんの宮参りでした。
お兄ちゃんはだんご虫を見つけてそちらに夢中でしたが、何を隠そう私も童心にかえってだんご虫と遊びました(笑)
兄弟二人、いつまでも仲良くね~

今日の1句(川柳)
宮参りなのに主役はだんご虫 かずお

834001

2020年4月 2日 (木)

大根島の由志園へ

837002

今日(2日)は本来なら米子市各公民館の川柳教室有志による「花見吟行川柳大会」の予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から中止となりました。

そこで、崎津公民館川柳教室の3名の皆さんと大根島の由志園へチューリップの観賞に出かけました。
マスクを掛けて、手の消毒も怠らず入園・・・ところが、あと数十分で閉園ではありませんか。
でも、大丈夫でした。しっかりと鑑賞できました。

このご時世で来園者が少なかったように思いますが、仕方が無いですかね。
一日も早い終息を願っています。

今日の1句(川柳)
人間でいたいとくちびるは思う かずお

837003

837004

837005

837009 

2020年3月26日 (木)

パステルアート街中展示会

848003

848001 25日夕方からは、米子上後藤郵便局へひまわり倶楽部さんとレッツエンジョイさんが主催されている「パステルアート街中展示会」に出掛けました。
展示場内は一足早く春爛漫といった感じになっています。
色彩が心に安らぎを与えてくれ、春の海をゆったりと漂っているような感覚になります。

川柳1句
一枚の絵からクラゲになってゆく かずお

848004

848002

2020年3月21日 (土)

裏庭にやって来たウグイス

裏庭からしきりに・・・ホーホケキョ!

鶯がいい声で鳴いています。

春はもうすぐですね。

来月初めには孫の宮参りもあります。

新型コロナウイルスに負けず、頑張りましょう。

今日の1句(川柳)
鶯が鳴いてもうすぐ宮参り かずお

2020年3月14日 (土)

花見吟行川柳大会(4月2日)中止

860001

残念なお知らせです。
4月2日に予定していました「花見吟行川柳大会」は新型コロナウイルスの感染リスクを鑑み、中止することとなりました。
大会を楽しみにお待ちいただいた皆さま、誠に申し訳ありません。
何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

2020年2月22日 (土)

花見吟行川柳大会のご案内

880002_20200222215801

恒例となりました米子市内川柳教室有志の皆さんによる「花見吟行川柳大会」を4月2日に開催いたします。

今回の会場はふれあいの里です。

どんな川柳が飛び出すのか・・・今から楽しみです。

みなさん、どうぞお出掛け下さい。

2020年2月17日 (月)

サイドミラーの中に

877001_20200219132301

先週、米子市の通称内浜産業道路の渋滞状況を調査した折に、写真を数枚撮りました。
その中の1枚を拡大したら・・・なんと、サイドミラーの中に雪を被った秀峰大山が聳えていました。
こんな事があるんですね。

今日の1句
神なのかサイドミラーを覗き込む かずお

2020年1月24日 (金)

レモンで1句

897001_20200124182301

父の育てていたレモンの木が、今シーズンよりたくさんの実を付けるようになりました。
全部収穫したつもりが、3個ほど葉陰に隠れていました。
もしかしたらレモンの栽培がこの米子の気候にマッチしているのかも知れません。
小さな夢が膨らみます。

今日の1句
レモンのままの左手のくすり指 かずお

2020年1月10日 (金)

とっとり花回廊の花火&イルミネーション!

9140051

914002 本日(10日)は川柳教室の皆さんと、とっとり花回廊へ花火&イルミネーションを観に出掛けました。
まずは打ち上げ花火を堪能し、その後は随所に設置してある幻想的なイルミネーションを観て回り、しばし異次元にいるような感覚でした。
1時間30分、宇宙遊泳をさせていただきました。

914008 914007

914010 914011

914012 914014

914017 914019

914018 914021

914020

今日の1句
非力な僕が令和2年の舟を漕ぐ かずお

2020年1月 8日 (水)

令和2年、川柳教室スタート!

令和2年の崎津公民館川柳教室を本日(8日)スタートさせました。

課題の「チョコレート」「石」ともにいい句がたくさんありました。

令和2年も期待大です。

今日の1句
海だったところに石を投げてみる かずお

2020年1月 5日 (日)

娘の珈琲!

920002

5日、米子市消防出初式が終わってから、本通り商店街のnabikaさんところで、私の娘が自家焙煎の「nelco coffee」の珈琲をドリップして淹れてくれると聞きつけ、こっそりと行って来ました。
今回は会えました(笑)
大勢のお客さんがいらしてたので迷惑になったかも知れませんが、娘が淹れてくれる珈琲の味は格別でした。
あ~、少し歳を取ったかも知れません・・・。

今日の1句
珈琲の豆からしあわせが芽吹く かずお

2020年1月 1日 (水)

2020 ☆謹賀新年☆

925001

新年、明けましておめでとうございます。
皆さまにはお健やかに新年をお迎えのことと、心よりお慶び申し上げます。
本年が皆さまにとりまして素晴らしい1年となりますよう、お祈り申し上げます。

新春1句...
五線紙にネズミを走らせてみよう 門脇かずお

2019年12月31日 (火)

12月議会での出来事。。。

9310041 

1年を振り返って・・・

やはりいい事より悪いことの方が頭に残っています。
12月5日の米子市議会12月定例会の一般質問で、質問中にコップの中の水を質問原稿に上に零してしまいました。
原稿の文字がみるみる滲んでいき全く読むことが出来ず、外見は冷静を装っていたのですが心の中は大パニック!
質問の流れから何とか市長と議論を交わすことができましたが、これほど焦ったことはありませんでした。
これからは原稿を2部用意しなければいけないなあと思いましたが、いやいや、まずは水を零さないこと!ですよね。
議会史上、質問席で水の入ったコップをひっくり返したのは、後にも先にも私だけでしょう・・・反省!!

川柳1句
酔って酒こぼすがごとく水こぼす 門脇かずお

2019年12月17日 (火)

第38回鳥取県没句川柳供養大会。。。

936004

15日は鳥取県没句川柳供養大会に参加するため鳥取市へと出掛けました。

まずは今年の没句を供養して、来年こそは没句を出さないように祈念をさせていただきました・・・無理なんですけどね。

当日出席者 96名、欠席投句者 85名、参加者計 181名

かずおの入選句
五十年にらめっこでは負け知らず
新型のスマホはお化けより怖い
頑張れとしかつぶやかぬ母になる
温暖化回避へ凜と立つ少女
三角になり降ってくる父の雨
人間でなくなってゆく待ちぼうけ

「人間で・・・」の句で天位賞をいただき、総合成績では5位でした。
当然ですが、出来過ぎです!

ふうもん吟社の皆さま、大変お世話になりました。

お疲れの出ませんように・・・。

2019年12月12日 (木)

武良銀茶さん、天位獲得!。。。

975006

我が崎津公民館川柳教室の武良銀茶さんが、12月12日発表の日本海柳壇課題「明日」で見事に「天位」(1位)を獲得されました。
**********
天位
明日が来る昨日と今日のごほうびに 銀茶
**********
あの熱意があればいつかは天位を獲得されるだろうと予想はしていましたが、ついに現実となりました。
私事のように嬉しく思います。

おめでとうございます😃

2019年12月 7日 (土)

12月議会、冒頭に1句披露。。。

944001_20191207205701

944003_20191207205901 令和元年米子市議会12月議会が3日からスタ―トしました。

5日から一般質問戦が始まり、私は4番目の質問者で登壇し、1時間15分ほど市長他と議論を交わしました。

質問の冒頭に、以下の川柳1句を市長に捧げました。

耳底に市民の声を溜めている 門脇かずお

もっとズバッと詠んだ方が心に響いたのかも知れません。

やや反省・・・

944004 944008_20191207205901

2019年12月 3日 (火)

令和元年「ふあうすと」12月号巻頭言

いよいよ今年も残すところ1カ月となりました。

あっと言う間の1年だったように思います。

いや、まだ1カ月ありますからやり残したことは今からでも間に合います。

さて、川柳雑誌「ふあうすと」12月号に私の巻頭言が載っています。

文法上おかしなところは目をつぶっていただいて、公表したいと思います。

947001_20191203195201

川柳というものを作り始めて41年目に入りました。

たぶん、命ある限り川柳を詠み続けると思っています。

ますます精進します!

今日の1句
身の内にセンリュウという龍を飼う かずお

2019年11月24日 (日)

幻の一品になるかも。。。

959003

「馳走屋丸八さんでのサプライズ」

先日のFBに載せてあった「ミニミニミニにぎり」を無理をして作っていただきました(画像参照)
本物の食べられるにぎりです。

ありがとうございます。
出席者10名全員から歓喜の嵐、シャッター音の嵐!!
素晴らしい芸術作品です。
こんなに感動したのはいつ以来でしょうか。
ご主人曰く「老眼が進んでもう作れないかもしれない(笑)」的なことを仰ったような・・・。
これが最後の幻の一品になるかも・・・です。

今日の1句
食べるのが惜しいが結局は食べる 門脇かずお

2019年11月23日 (土)

63歳の誕生日。。。

959002

本日(11月23日)、満63歳の誕生日を迎えました。
たくさんのお祝いメッセージをありがとうございます。
「いい兄さん(1123)」になれるよう頑張ります!
63歳の門脇一男もどうぞよろしくお願いいたします

川柳1句
カマキリの鎌を見ている誕生日 門脇かずお

2019年11月15日 (金)

朝の月を発見!。。。

965003
 ↑ 川柳:あいさつをしない児もいる朝の月 かずお

今日(15日)も朝の交通安全指導からスタートしました。
元気のいい子もいればおとなしい子もいます。
ずっとお喋りをしている子もいれば走って学校へ向かう子もいます。
十人十色の子どもたちが頼もしく思える今日この頃です。

2019年11月12日 (火)

遅めの昼食。。。

966002

本日は遅めの昼食・・・3時過ぎにいただきました。
日本海を丸呑み(笑)です!!

川柳
胃の中で暴れはじめる日本海 門脇かずお

2019年11月10日 (日)

美保中学校25期有志による同期生会。。。

969001

10日は美保中学校25期有志による「ミニ同期生会&はっぱ(数え年64歳)のお祓い」の会に出席しました。
午前9時30分から会場の大篠津公民館で準備、その後10時30分より和田御崎神社にてお祓いを受け、予定より30分早い11時30分よりミニ同期生会が始まりました。
同級生100名中出席者は37名で思い出話に花が咲いては散って咲いては散って・・・(笑)
その後、みんなで校歌を熱唱し、また思い出話へ・・・
終了予定の3時になっても終わる気配がありませんでした。...
結局、4時を過ぎて終わったような(この辺になると時間の感覚があやふや)気がします。
いや~、同級生っていいなぁと、改めて実感しました。

門脇かずおの川柳雑感5句
ジャンケンのあいこばかりが続く秋
同期生ちいさな城を見せ合って
意外にもいい声が出ている校歌
カンパイの音なくて良し紙コップ
にらめっこやっぱりやめておきましょう

2019年11月 8日 (金)

11月7日は母85歳の誕生日。。。

973001

私が行政視察(11月6日~8日)に行っているあいだに、母が誕生日(11月7日)を迎えました。
85歳になります。
誕生日にお祝いが出来なかったので、本日会いに行って来ました。
施設に入所し、認知症に加え介護度も進みましたが、なんとか長生きをして欲しいものです。
がんばれ、母ちゃん!!

川柳1句
母の視線の先は天かな私かな 門脇かずお

2019年11月 4日 (月)

川柳塔まつえ吟社創立50周年記念大会。。。

980001

☆川柳塔まつえ吟社創立50周年記念大会☆
日時:令和元年11月4日(月、祝)
会場:島根県民会館大会議室(松江市)

標記の記念大会をお祝いするために松江まで行って来ました。
50周年誠におめでとうございます♪

大会ですが、遠くは東北や九州からも参加があり、ハイレベルな入選句が続々と発表されました。

私(門脇かずお)の入選句
天位 お祝いに僕の嫁ヶ島をあげる(題:祝)
佳作 山陰が詰め込んである貸金庫(題:山陰)

入選 僕と僕いい関係がまだ続く(題:続く)
入選 どの城も外国人に囲まれる(題:城)
入選 汽水湖になってしまった卑怯者(題:湖)
入選 酔うのなら居酒屋よりも古本屋(題:古)

川柳を作句する上では「平明で深く」を心掛けていますが、これがなかなか難しいんです。
平明を心掛ければ浅い句になり、反対に深い句を詠もうとすれば難解になる・・・これを繰り返しています。

う~ん・・・永遠のテーマですね。

川柳塔まつえの皆さん、大変お世話になりました。
どうぞお疲れの出ませんように・・・

«一億総詩人の季節到来。。。

フォト
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31